あたまのなかで

よろしくお願いします。神経症患者としてではなく、ひとりの人間として。俳句が好きです。Twitter→(https://mobile.twitter.com/ryuji_haiku)

忘れたくない思い


こんばんは


今日でゴールデンウィークも終わりですね。


皆さんは何をしていましたか?


私は・・・仕事に行くか、そうでない日は寝ていました(笑)


最近、休みの日は布団に横になってしまいがちです。今日もほとんど一日中布団のなかにいました。


気分転換に外出しようと思っても、服にアイロンをかけ終わるとそれでもう疲れてしまうというか、億劫になってしまい、結局何処にも行けません。本末転倒な気がします(笑)


あとは・・・5月に入ってから、頭痛や息苦しさを感じることが多くなりました。


これは、去年の5月に神経症の診断を受けてから、去年の夏まで続いていた症状です。


その後しばらくは治まっていたのですが、最近またそうした症状が出てきています。


実を言うと、いまも少し痛いです。


やっぱり、仕事の疲れが原因かな、と思います。


前回上げた「仕事がつらい」という記事で、いま私が派遣の仕事で多く入っている花と野菜の苗の倉庫で受けた嫌なことについて書きました。


https://ryjkmr1.hatenablog.com/entry/2018/05/04/232354


あのあと、人材派遣会社に、そこでの仕事を外してもらえるように電話しました。


そうしたら、今週中に外して、別の仕事場を紹介してくれるそうです。


まだどうなるのか詳しいことは分かりませんが、とりあえず良かったと思います。


いまの状況が好転することを願っています。


それから、前々回に上げた「診察記録 2018年5月」という記事

 

https://ryjkmr1.hatenablog.com/entry/2018/05/04/214635

 

で書いた自立支援医療制度ですが、今週中か来週中に市役所に相談に行きたいと思います。


・・・先ほど体調が良くないと書きましたが、さらに言えば精神的にも落ち込んでいる日々が続いています。


はっきり言えば、希死念慮の強まりです。


自分のいまの状況や、この先の将来の不安、或いはまわりの友人と比べたときの劣等感・・・。布団に入っているときや、風呂に入っているとき、そうした思いに押しつぶされそうになります。


そして、そうした状況等から逃れたいと思い、自殺を考えてしまいます。


でも、生きなきゃいけないんだと思います。


いまの私にとって働きやすい仕事を紹介してもらったり、自立支援医療制度の相談に行くのは、もちろん精神的な負担や、経済的な負担を減らしたいためでもあります。

しかしそうした理由に加えて、もっと広い意味で自分の将来を明るく考えられるようにするためでもあります。


ともすれば自分のなかでことごとく無化してしまう生きる意味を、一つずつ捉え直していきたいです。


今日は体調が悪くてずっと布団のなかにいたけれど、1日の終わりに「生きなきゃいけない」という思いを文章に書けたことは良かったです。


そして、いまの「死にたい」「生きなきゃいけない」の間で揺れ動いている思いが、いつか「生きたい」に変わってほしいです。


忘れたくない思いです。