あたまのなかで

よろしくお願いします。神経症患者としてではなく、ひとりの人間として。俳句が好きです。Twitter→(https://twitter.com/ryuji_haiku)

近況報告

 

こんにちは。っていうかお久しぶりです。

 

最近、体調が悪いです。

 

診察記録も、6月・7月と書けていません。

 

仕事が休みの日とか、だいたいベッドの上にいます。(いまもベッドの上です)ベッドのすぐ隣の棚に抗不安剤が置いてあるのですが、それすら取りに行けないときもあります。

 

それから、薬を服んでもそれが効いている感じがしません。

 

頭が痛くて、肩が凝っていて、胸の辺りは錐で通されたように痛いです。つらいです。

 

神経症を発症してから、低気圧で頭痛がひどくなるときがあるので、それが原因なのかなと思います。

 

話は変わりますが、6月の終わりに教習所を卒業しました。

新型コロナウィルスの影響で途中休所期間があったので不安だったのですが、無事に卒業出来て良かったです。

 

これであとは本免に受かれば免許が取れるんですが、繰り返しているように最近の体調不良で思うようにいきません。

 

実は、今日も免許センターに行こうと思ったのですが、起きたら午前11時でした。(ダメじゃん)

 

まぁ、出来れば7月中には受けたいと思っています。

 

本免を受けないでいると、自分のなかに焦りが重なっていくのが分かるので。

 

ただ、今日はもう少し寝ていたいです。

 

なんか、本免のこととか、仕事のこととか、何もかも忘れて休みたいです。

 

こんなブログでごめんなさい。

 

なるべく早く体調が上向きになるようにします。

 

 

診察記録 2020年4月・5月

診察日・4月15日(水)
場所・埼玉医科大学病院
主な不調・頭痛、夜中の不安感、緊急事態宣言による「自粛疲れ」
医師に望むこと・「自粛疲れ」をどうにかしてほしい

現在の薬の状況
睡眠導入剤 ブロチゾラム錠「ヨシトミ」0.25mg(就寝前)
抗不安剤 ロラゼパム錠「サワイ」 0.5mg( 1日4回)
抗不安剤 レキソタン錠5 5mg 不安時 (1回2錠 10回分)
睡眠導入剤 トラゾドン塩酸塩錠「アメル」 25mg(1回2錠)

ロキソプロフェンナトリウム錠「クニヒロ」 60mg (頭痛時)



こんばんは。

 

色々忙しくて、2ヶ月分まとめての診察記録です。

 

まず4月から。

 

4月に大きく生活の上で変わったことは、緊急事態宣言が発令されたことでした。

 

当初、5月7日までの予定だったこの宣言は延長され、結果として埼玉県はいま現在も発令状態にあります。

 

最近はこの宣言が発令されているなかでもようやく自分が毎日の暮らしで出来ること・したいことを考えられるようになりましたが、4月に診察に入った当時はとてもそんな余裕はありませんでした。

 

こんなことを言うと怒られるでしょうが、「ずっとこの宣言が続くなら、いっそ死んでしまったほうがいいかも知れない」とまで思いました。

 

以前書いたこのブログ記事のように、心が荒んでしまっていました。

 

ryjkmr1.hatenablog.com

 

そのことを先生に話すと。先生は私の不安を全部聞いてくれました。そして「念のために」と抗不安剤の数をいつもより増やしてくれました。

 

本当にありがたかったです。

 

尚、4月の診察では腹痛の際の頓服薬「オーツカ」が処方せんから外れました。

 

診察日・5月13日(水)
場所・埼玉医科大学病院
主な不調・頭痛、夜中の不安感、
医師に望むこと・夜中の不安感をどうにかしてほしい

 

現在の薬の状況
睡眠導入剤 ブロチゾラム錠「ヨシトミ」0.25mg(就寝前)
抗不安剤 ロラゼパム錠「サワイ」 0.5mg( 1日4回)
抗不安剤 レキソタン錠5 5mg 不安時 (1回2錠 10回分)
睡眠導入剤 トラゾドン塩酸塩錠「アメル」 25mg(1回2錠)

ロキソプロフェンナトリウム錠「クニヒロ」 60mg (頭痛時)

 

今月の診察で主に先生に話したのは夜中の不安感についてです。正確に言えば5月より前、4月くらいから夜中になると気分が落ち込むということが続いています。

 

原因ははっきりとは分かりませんが、先ほども書いたような「自粛疲れ」、家にいることへの無為な気持ち(私の仕事はテレワークが適用出来るものではありませんが、それでも家にいる時間は長くなりました)、これから元通りの生活が送れるようになるのかという焦りや不安・・・。そういった気持ちが合わさって毎晩の落ち込みにつながっているのだと思います。

 

このことを先生に話したら、「不安になってしまうのはよく分かります。いまは空いた時間を使って体調を整えていきましょう」と仰いました。

 

先生の仰る通り、この緊急事態宣言の発令期間(5月末までとも21日までとも言われていますが)を、いまからでも有意義なものにしていきたいです。 


次回診察日・6月10日(水)

 

 

夏の準備

こんばんは。


5月を迎えてから今日で4日が経とうとしています。早いですね。

このブログでも何回か書いたかも知れませんが、私は1年のなかで5月がいちばん好きです。

特に青葉の美しさに魅かれます。青葉から木漏れ日がきらきらと光っている様子は、いつまでも見ることが出来ます。

そのほかにも衣更をしたり、食卓に夏の料理が並び始めたりと、5月は明るさや新しさが感じられる月だと思います。

そんな5月を迎え、私も着々と夏の準備をしています。

昨日は薬局に行って日焼け止めとかを買いました。それから、箪笥の衣更をして、夏服と春服・冬服を入れ替えました。それから、今日はジャケット・ブレザーをクリーニングに出しました。

それから、緊急事態宣言が延長されたので、自宅で過ごす時間を快適にするために風鈴を買おうかなとも思っています。手入れが大変かも知れませんが・・・(笑)

あとは、部屋の掃除もしたいです。これは5月に限らず一年中思っていることですが(笑)

・・・前回のブログでも書いたように、緊急事態宣言の延長に対して、私はすごく不安でした。


ryjkmr1.hatenablog.com


でも、先に書いたような5月の明るさに背中を押されたように「自分に出来ることを、少しずつでも頑張っていこう」と思うことが出来ました。

5月と言えば、このブログでは何度も書いてていますが、私にとって去年のいちばんの思い出である高知旅行に行ったのも5月でした。

f:id:ryjkmr1:20190831191157j:plain
高知特産の柑橘類・小夏

高知の豊かな自然に魅かれたことと、自分が免許を持っていなくて残念に感じたことが、教習所に入所する理由になりました。

だから、前回のブログで教習所に通えないことを書いたのは、「高知の色んな場所に車で訪れたい」という目標が遠ざかっていくような不安もあったんだけど思います。

でも、ブログに書いた旅行記を読み返したり、写真を見返したりしているうちに、いまの状況をポジティブに捉えられるようになってきました。

やっぱり私はもう一度高知に行きたいです。

教習所にもう一度通えるようになるまで、仮運転免許を使っての練習や、問題集を使っての復習に、より一層力を入れようと思います。
このことも、私にとっての夏の準備です。


※高知旅行記のURLは以下にまとめて貼りました。読んでいただけると嬉しいです。


ryjkmr1.hatenablog.com


ryjkmr1.hatenablog.com


ryjkmr1.hatenablog.com


ryjkmr1.hatenablog.com


ryjkmr1.hatenablog.com


f:id:ryjkmr1:20190831230136j:plain
高知駅前の三志士像

自分の身勝手な思い

こんばんは。

タイトルにもあるように、今日書くことは私の身勝手な思いです。

もしかしたら、文章を読んで気分を害される方がいらっしゃるかも知れません。

今日、緊急事態宣言の期間が延長される方針であることをニュースで知りました。

正直に言います。延長してほしくありません。

先月に緊急事態宣言が発令されてから、なんとか自分のなかで「自粛疲れ」への対処方法を模索してきましたが、限界が近付いています。

ひとと自由に会えないこと、街中のあらゆる店が閉まっていることがこんなに息苦しいとは思いませんでした。

もちろん、こうした状況の意味は分かっているつもりです。幸いにも私の周りで感染者は出ていませんが、日本中、世界中で感染者・死者は増え続けています。

でも、それ以上にこの状況がいつまで続くのか分からないことに、暗闇のなかを歩いているような不安を強く感じます。

そして、個人的なことですが、今年の1月から通い始めた自動車教習所が緊急事態宣言の発令以来、閉鎖されています。

ただ、閉鎖される前に仮運転免許は取っていたので、母親と自分の休みが合う日に運転の練習は出来ます。それから、問題集を使って復習もしています。

でも、そうしたなかでも先に書いたようないつまで続くのか分からない不安がふと心に重くのしかかるときがあります。

そうすると、運転の練習も問題集も手がつかなくなります。

そうした「自粛疲れ」の日々を、この約20日間過ごしてきました。

5月6日で終わると信じて。

身勝手なことと分かっていても、無理矢理だと分かっていても、そう信じるしかありませんでした。

それが、最初に書いたように、緊急事態宣言が延長される方針だそうです。

私には、これからもこうした日々を過ごせる自信がありません。

早く元の生活に戻ってほしいという、自暴自棄のような気持ちになっています。冷静な判断が出来なくなっています。

甘えていると言われたら否定出来ないことは、百も承知です。

でも、つらいです。

いま、この状況で、誰かを励ませるひとは本当にすごいと思います。

自分には、誰かを励ますことも出来ないし、励ましてもらえる理由もありません。

こんな身勝手な思いを誰に相談すれば良いか分からず、こうしてブログに書いています。

いい加減に終わりにします。

ごめんなさい。

診察記録 2020年3月

 

診察日・3月18日(水)
場所・埼玉医科大学病院
主な不調・頭痛、不眠、仕事での強いストレス
医師に望むこと・頭痛に効く薬を処方してほしい

 

現在の薬の状況
睡眠導入剤 ブロチゾラム錠「ヨシトミ」0.25mg(就寝前)
抗不安剤 ロラゼパム錠「サワイ」 0.5mg( 1日4回)
抗不安剤 レキソタン錠5 5mg 不安時 (1回2錠 10回分)
睡眠導入剤 トラゾドン塩酸塩錠「アメル」 25mg(1回2錠)

 

ロキソプロフェンナトリウム錠「クニヒロ」 60mg (頭痛時)
レバミピド錠「オーツカ」 100mg (腹痛時)

 

こんばんは。

 

今年に入って、ようやくちゃんとした(?)診察記録です。

 

いま特に気になっている不調について書いていきます。

 

・頭痛

3月が始まったくらいから、ものすごい低気圧の日があって、ベッドから起き上がれないくらい頭痛がひどかったです。その日が休日だったことは不幸中の幸いだったかも知れませんが、頭を槍で刺されたような痛みがずっと続いていました。
そのことを先生に話すとロキソニンを処方してくださいました。ロキソニンは以前にも処方してくださったことがあり、効果は信頼しているのでまた必要なときに服もうと思います。

 

・不眠

この後に話すこととも関係しているのですが、最近仕事のストレスから眠れない日が続いています。
そして、神経症は「どこまでも過去を遡ってトラウマを増やしてしまう病気」ということも感じました。発症の原因となった、新卒で入社した会社での出来事はもちろん、それよりずっと過去のことも現在の自分の状況と繋がっているような気がして、どこまでも気分が落ち込んでしまうのです。
先に「現在の薬の状況」に書いた「アメル」という薬は、昨年11月の診察で処方していただいた「睡眠導入剤としての成分が強い抗不安剤」です。

 

ryjkmr1.hatenablog.com

 

先月、先々月あたりは服用しなくていい日も増えていましたが、最近は寧ろ服用しなくてはいけない日のほうが増えています。(紛らわしい言い方ですが)。
とにかく、「アメル」を服用しながら上手く眠れるようにしたいです。

 

・仕事でのストレス

ここからは少し愚痴っぽくなってしまいます・・・。最近、仕事でのストレスが強いです。
理由は「自動車教習所に通うために仕事を減らした結果、以前より仕事に体の負担が掛かっている」からだと思います。皮肉な話です。
仕事を辞めて全く収入が無くなるよりかはマシかも知れませんが・・・。

 

具体的な話をすると、10日ほど前にAさんと勤務していたとき、職場のパソコンが不調になりました。原因を色々調べましたが解決しなかったので、明日先輩社員のBさんが出社されたとき「このことを伝えよう」となりました。
そして、翌日Bさんが出社されて私が昨日の不調について話し始めると・・・。

 

「このパソコンが調子悪いんですよ!なかなかこのタブが消えないんですよ!」

 

と、私が話している横から話に入ってきたのです。

 

私も話しづらくなるし、Bさんも話を聞きづらくなるし、良いことはないと思うのですが、Aさんはお構いなしといった感じでした。

 

不調そのものは大したことはありませんでしたが、やはりAさんの態度には疑問があります。

 

しかも、その不調が初めて表れたとき、つまりBさんが出社される前から

 

「でもこれ、大丈夫だよね? パソコンには影響がないよね?」

 

と繰り返し訊いてくるのです。

 

「だからいま判断出来ないからBさんに訊こうとしてんだろうがぁーっ!!」

 

・・・思わずそう言いそうになりました。

 

とにかくそうしたAさんの一連の行動や言動にはお腹が痛くなりました。ストレスで頭痛が起こることはあったけれど、腹痛は初めてだったので参りました。「現在の薬の状況」に「オーツカ」という腹痛の薬の名前が並んでいるのはそのためです。

 

というわけで、いまの体調は全体的に下降気味です。新型コロナウィルスの影響で、出掛けたいと思っている場所が多く閉まっていることも気分の落ち込みに関係しているのかも知れません。

 

良い天気なんだし、どこか行きたいなぁ・・・。

 

次回診察日・4月15日(水)

 

 

近況報告

 

お久しぶりです。

 

色々と忙しくて、年が明けてから全くブログの更新が出来ていませんでした。

 

その理由を、近況報告の意味も兼ねていくつか書いておこうと思います。

 

1 自動車教習所に通いはじめました

 

1月から自動車教習所に通いはじめました。

 

実は学生時代にも一度通っていたのですが、そのときは正直言ってサボり気味で、本免に受からないまま入社を迎えてしまいました。

 

そして、(これはもう何度もブログに書いたことですが)その新卒の会社で神経症を発症し、ますます免許が取りづらい状況になってしまいました。

 

しかし、去年の5月に高知県を訪れ、自分のなかで「高知のもっと色んな地域を見て回りたい!それには免許が必要だ!」という思いが生まれ、もう一度免許を取ろうと決意しました。

 

進捗状況ですが、2月末までに修了検定(技能試験)、仮免学科試験のどちらにも合格しました。今月からは路上教習が始まります。

 

学生時代の失敗を繰り返さない意味でも、免許取得に向けて頑張ります!(≧▽≦)

 

2 パソコンが壊れました

 

私は普段はガラケーを使っているので、こうしたブログを書くといった作業や、Wordを使ったり、YouTubeを観たりといった作業(最後のひとつは作業なのか分かりませんが)をするときはパソコン(Dynabook)を使っています。

 

しかし、このパソコンが今年に入ってから不具合の起こるペースが増え、ついに1月末くらいに全く動かなくなりました。

 

その翌日くらいに修理に出し、2週間ほどで戻ってきました。

 

幸い、修理に戻ってきてからは快適に使えていますが、気を付けて使おうと思います( ̄▽ ̄;)

 

3 風邪を引きました

 

そのパソコンが直る少し前のこと、久々にがっつり風邪を引きました。

体温計で測ってみると39.1℃もありました。それから関節の節々も痛かったです。つらかった・・・。

 

はじめに疑ったのは「インフルエンザではないか?」ということ。そして次に疑ったのは「新型コロナウィルスによる肺炎ではないか?」ということ。特に後者に罹っていたらどうしようと不安でした。

 

しかし、実際に病院に行ってみると風邪でした。もちろんそのときは熱が下がっていなかったのですが、一安心してしまいました。

 

何日間か39℃~38℃台の熱が続き大変だったのですが、風邪薬も効き、いまではすっかり元気です。良かった(*^_^*)

 

・・・といったことが続き、年が明けてから全くブログの更新が出来ていませんでした。

 

ただ、報告は出来ていませんでしたが、おかげさまで最近の体調は安定しています。

「免許を取る」「高知に行く」「就労移行支援施設に通う」といった、今の自分にとって近い将来、また遠い将来にやりたいことが明確になったあらわれだと思います。

 

もちろん、抗不安剤睡眠導入剤を呑んでいる状況に変わりはありませんが、薬をちゃんと呑みながら、こうした状況を長くしていけたら良いと思っています。

というわけで、なかなか更新が出来ずにいますが、このブログをあらためてよろしくお願いします(*^_^*)

 

診察記録 2019年12月

 

診察日・12月25日(水)
場所・埼玉医科大学病院
主な不調・虚無感、離人感(?)
医師に望むこと・特になし

現在の薬の状況
抗不安剤 ロラゼパム錠「サワイ」 0.5mg( 1日4回)
睡眠導入剤 ブロチゾラム錠「サワイ」 0.25mg 1日2回(就寝前)
抗不安剤 レキソタン錠5 5mg 不安時 (1回2錠 10回分)
睡眠導入剤 トラゾドン塩酸塩錠「アメル」 25mg(1回2錠)

 

こんばんは。もう今年最後の診察記録です。時が経つのは本当に早いなぁと思います。今年もこのブログを読んでいただきありがとうございました。

 

まずは処方せんについて。前回(11月27日 水)の診察で先生に処方していただいた「アメル」ですが、あれからも特に体への負担はありません。良かったです。

 

次に精神的な面についてなのですが、離人感、と呼んだら良いのでしょうか。本を読んでいたり、音楽を聴いていたりと何かをしていても、どこか自分ではない感覚にとらわれることがあります。そうした行動を一歩下がった場所から見ている自分がいるような感覚です。このことがすぐに気分の落ち込みに通じることはありませんが、やはりなんとなくモヤモヤします。
そのことを先生に話すと、「離人感はうつ病の方に多い症状。神経症うつ病は症状として似ている部分もあるから、そういう感覚になるのかも知れない。」と仰られました。

 

最後に仕事について。前回の診察記録で「来年の1月中旬を予定に仕事を辞め、自動車教習所に通い始める」といったことを書きましたが、結果として完全に辞めるわけではなく、勤務日数を減らしながら教習所に通うことになりました。
あるとき「教習所に通うために、仕事を辞めようと思います。」と職場の先輩に話したら「この仕事はシフトが自由に組みやすいから、勤務日数を減らすのはどう? 完全に辞めちゃうのは経済的にもキツいでしょう」と言ってくれたからです。辞めることを前提に自分のなかでは計画が進んでいたので、ふとしたときでしたが話すことが出来て良かったです。(*^▽^*)

 

そして、その教習所ですが、今月の20日に入学手続きに行ってきました。精神疾患があることも話しましたが、先生から以前書いていただいた診断書を持参したので、大きなトラブルもなく手続きを終えることが出来ました。教習自体は予定通り来年の1月中旬からスタートします。

 

というわけで、先に書いた離人感(?)は気になるものの、少しずつ体調は上向きになってきています。

 

それにしても、時が経つのは本当に早いですね。(2回目)今年は色んな映画を観たりライブに行ったりしたのですが、あまりブログには書けませんでした。来年は診察記録以外にもブログに書けることを増やしていきたいです。

 

それでは皆さん良いお年をお迎えください。(*^_^*)



次回診察日・2020年1月22日(水)