あたまのなかで

よろしくお願いします。神経症患者としてではなく、ひとりの人間として。俳句が好きです。Twitter→(https://mobile.twitter.com/ryuji_haiku)

北海道旅行記 3日目 〜さようなら、北海道!〜

 

こんにちは。

 

今回も8月28日(火)から8月30日(木)までの2泊3日の北海道旅行について書いていきます。

 

ちなみに、いままでの旅行記は下のそれぞれの記事をお読みください。

 

1日目

https://ryjkmr1.hatenablog.com/entry/2018/09/20/205644

 

2日目①

https://ryjkmr1.hatenablog.com/entry/2018/09/25/212851

 

2日目②

https://ryjkmr1.hatenablog.com/entry/2018/09/26/221432

 

いままで3回に渡って(長い)書いてきた北海道旅行記も、今回が最終回です。

 

それでは、さっそく最終日の様子を振り返っていきたいと思います。(もしかしたら、朝食と朝風呂の順番が逆かも知れません・・・)

 

8月30日(木)

 

・朝食を食べに行く

 

・朝風呂に入る

 

・絶品「スノーロイヤル」

 

・さようなら、北海道!

 

・朝食を食べに行く

 

昨夜は夕食に美味しいバイキングを食べ、ビールとワインを呑みながら髙田さんと話したあとに就寝。

翌朝は特に二日酔いとかもなく、すっきり起きられました。

 

この日は最初に朝食を食べに行きます。前回の記事にも書きましたが、第一滝本館は夕食・朝食のどちらもバイキングでした。

 

昨夜の夕食では、海鮮が充実していたり、ステーキやラーメンもあったりと、全体的にガッツリとしたメニューが並んでいる印象を受けました。

しかし、この日の朝食ではデニッシュ等のパンも並んでいて、夕食よりはアッサリしたメニューが並んでいる印象を受けました。

 

f:id:ryjkmr1:20180929143528j:image

 

デニッシュ。美味しかったです。

 

・朝風呂に入る

 

朝食を食べ終わったあとは、2人で朝風呂に入りました。ちなみに、前回の記事で「第一滝本館には地下にも浴場がある」といったことを書きましたが、それはこの朝風呂のときに髙田さんから教えてもらったことです。「知らないんですか? もったいない!」と言われてしまいました(笑)

 

地下のお風呂で印象的だったのはジャグジーバスです。強めのジャグジーに全身を刺激され、身体が癒されました。

髙田さんは「1年に1回はこの旅館に来て、俳句を書く疲れを取っている。この旅館に来なきゃ俳句なんて書けないですよ。」といったことを話していました。私は「1年に1回こういう素敵な旅館に行けるなんて羨ましいなぁ」と思いました。

 

その後、旅館をチェックアウトして、帰りはまた「わくわく号」で札幌駅まで向かいます。

正直、「わくわく号」での行きの会話はよく覚えているのですが、帰りの会話はあまり覚えていません・・・。もしかしたら寝てしまっていたかも知れません(笑)

 

・絶品「スノーロイヤル」

 

「わくわく号」が札幌に到着したのは11時頃。実は、この時点で私が札幌にいられるのはあと90分ほどでした。

新千歳空港を出発し羽田空港に着き、さらにそこから埼玉の最寄り駅に着くまでの時間を逆算するとそうなりました。仕方なかったのですが、やはり「もっと札幌にいたい。もっと北海道にいたい」という思いは強かったです。

 

そこで、髙田さんが最後に私に案内してくれた札幌のお店は雪印パーラー。札幌の街中にあります。

 

f:id:ryjkmr1:20180929150805j:image

 

雪印ロゴマークが目立つ青い看板。


f:id:ryjkmr1:20180929150809j:image

 

華やかなショーウィンドウ。色んな種類のパフェやスイーツがあります。

 

そして、このお店で私たちが食べたのが「スノーロイヤル」というアイスクリームです。

 

f:id:ryjkmr1:20180929151131j:image

 

これが「スノーロイヤル」です。非常に高級感のある見た目ですが、それもそのはずで、この「スノーロイヤル」、1968年に北海道開拓100年を記念して来道した昭和天皇のために、宮内庁から雪印乳業(現・雪印メグミルク)に「最高のアイスクリームを作ってほしい」と依頼を受けて作られたものなのです。試作期間はじつに半年に及んだというから驚きです。

 

さて、その味ですが、非常に美味しかったです。クリームのまろやかさと、氷のきめ細やかさとが絶妙に合わさっているのを感じました。また、その口の中で甘さの余韻が長く残っていたことも印象的でした。

 

北海道旅行の最後に食べることが出来て良かったです。そして、もう一度北海道を訪れたときに食べてみたいと思いました。

 

雪印パーラー」公式サイト→(http://www.snowbrand-p.co.jp/

 

・さようなら、北海道!

 

「スノーロイヤル」を食べ終え、いよいよ札幌とお別れです。12時半頃の電車に乗り、40分くらいで新千歳空港に着きました。髙田さんとは途中の駅でお別れしました。

 

そうして新千歳空港に着き、予定より20分遅れて15時20分にAIR DO 26便で北海道を出発しました。さようなら、北海道!

 

f:id:ryjkmr1:20180929153021j:image

 

雨が降っていた新千歳空港。(写真は私が乗った飛行機ではありません)


f:id:ryjkmr1:20180929153024j:image

 

AIR DO 26便の機内に乗り込む人たち。

 

そして、出発が遅れた分到着も少し遅れ、16時40分頃に羽田空港に到着しました。

 

・・・というワケで、以上が2泊3日に渡って行ってきた北海道旅行でした。改めて北海道は良いところだと思いました。そして、この旅行記で何回も言っていますが、美味しい食べ物がいっぱいあるところだと思いました。

 

また、2泊3日、札幌と登別温泉を丁寧に案内してくれた髙田獄舎さんにも改めてお礼を言いたいです。本当にありがとうございました!

ご自身のTwitterでもツイートされていましたが、来年の1月に東京にいらっしゃるそうなので、またそのときにお会い出来たら良いと思います。

 

というワケで、全4回に渡って(長い!)書いてきた北海道旅行記もこれで終わりにします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!(*^▽^*)

 

・・・補足

 

これは書こうかどうか迷ったのですが、少しだけ。

この旅行から約1週間後の9月6日、北海道で大きな地震が起こりました。

このブログを書いている9月29日現在は復旧が進んでいるそうですが、地震が発生した当時は北海道の全地域が停電、新千歳空港も全便欠航という大きな被害が起こりました。

自分が約1週間前に訪れた場所がそのようになっているのは非常にショックでした。

髙田さんに安否を確認しましたが、無事だということで安心しました。

この旅行記のなかで、自分がこの北海道の地震に対して何か書こうとしましたが、観光客として2泊3日北海道を訪れただけに過ぎない自分がそうしたことを書くのも傲慢な気がしてやめました。

そうしたことを書かず、この旅行記から「北海道に行きたいな」と少しでも思ってもらえたら幸いです。

これで本当に北海道旅行記は終わりです。